奨学金で貧乏だけれども借り入れはできる?

キャッシングベスト3

奨学金の返済で貧乏なので借金を他からしてもいいですか?

奨学金の返済ってなんであんなに大変なんでしょうか。あんなの毎月3万円であっても返済していける人ってどれだけもらっているんでしょうか。シェアハウスとかに住んでいるくらいじゃないとちょっと難しいんじゃないかなって思ってしまいます。

実際に奨学金の返済をしているんですけれども、貧乏で大変なのでどこか借入をカードローンか何かからしようと思っているんですけれども、どうでしょうか。あんまりしないほうがいいのでしょうか、大丈夫でしょうか。

カードローンは奨学金の返済残高があっても大丈夫だが…

奨学金が苦しいというのはよく知られていることですが、奨学金の返済が残っていてもカードローンの申し込みに通るには通るようですが、気をつけておいたほうがいいでしょう。貧乏で奨学金の返済を滞らせている場合にはブラックになってしまうことになり、他からの借り入れができなかったりクレジットカードが使えなくなったりするようです。ニュースにもなったくらいで知っている人もいるでしょう。

ですからカードローンを借りる前に奨学金の方を何とかしなければなりません。年収が低い場合には返済猶予ということも出来ますから、自分がどのくらいなら返済ができるかということを相談して、返済しやすい形で返済させてもらうか、もしくは猶予を受けるようにしましょう。でなければ借入があるのにカードローンを借りているということで、信用情報に傷が付く可能性があるので注意です。

借り入れをすることが出来るとは思いますし、クレジットカードなども使えるので問題はないのですが、就職をしてから40歳位までは奨学金の返済をできるだけ集中してやったほうがいいかと思います。たとえ借り入れしたからといってもその借入以上に返済をしなければならない文が残っているわけです。であれば、金利が付く前に先に返済したほうが人生は楽になります。

奨学金で貧乏になって大変な人は日本では多いとされていますが、できるだけ奨学金を早く返済してしまって、普通の暮らしができるようになりたいものです。そうなればカードローンも住宅ローンも使いやすいでしょうから。

貧乏で奨学金の返済が苦しい時にはキャッシング

お金の掛かる私立高校や私立大学に通う時、もしも実家が貧しい場合には、奨学金制度を利用するのも良い方法です。何しろそれで当面の学費などは何とかなるのですから、利用できればそれに越したことはありません。ただ、借りたお金はあとで返済しなければならないので、その覚悟は決していい加減にはしないことです。

しかし、たとえしっかりと覚悟はしていても、実際に卒業して返済が始まってみると、なかなか思い通りに返済できなくなってしまう可能性もあります。卒業後も予想以上に貧乏生活が続いたり、時には、「こんなはずではなかった」と慌ててしまうこともあるかもしれません。そんな時には、カードローンやキャッシングを賢く利用しつつ返済するのも一案です。

ただし、手軽で便利なキャッシングだからといって、闇雲に借りるようなことをしてはなりません。キャッシングの利用目的は奨学金の返済の一助であると決まっているのですから、その目的から外れるような借り方はしてはならないのです。また、たとえ目的にかなったキャッシングの利用だとしても、返済計画は入念に立てなければなりません。そうでないと、せっかくキャッシングを利用する意味がなくなってしまいます。

また、奨学金の返済というものは、通常、何年間か長期間に及ぶものです。それゆえ利用するキャッシングは、できるだけ金利の低いところを利用するのがコツです。具体的には消費者金融系よりも、大手都市銀行やインターネット銀行などのキャッシングがベターです。

とにかく返済は、それに追いまくられてしまうと心の余裕が無くなってしまいます。すると生活も乱れがちとなり、仕事も上手くゆかず、ますます返済に苦労してしまうという悪循環に陥ってしまいます。ですから適宜にキャッシングを利用することによって返済が滞らないようにすれば、生活にも心にも余裕が生まれます。そうすれば、自然に返済も順調になるのです。このような返済の好循環こそが、キャッシング利用の最大のメリットなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※借入過多でも諦めないで※スピード融資が得意な厳選金融紹介! All Rights Reserved.