カードローンの繰り上げ返済はやり方多数

キャッシングベスト3

カードローンの繰り上げ返済を行うタイミングが知りたいです

現在、数十万円の残高が残っているカードローンなんですけれども、どこかで繰り上げ返済をしたいと思っているんです。繰り上げ返済をするにしても、どういうふうなタイミングですればいいのでしょうか。したことがないのでよくわかりません。

コツコツ返済をしてから行うべきか、最後の最後までとっておくべきなのか、よくわからないので一番いいタイミングを教えて下さい。

カードローンの繰り上げ返済は色々な方法がある

カードローンの繰り上げ返済というのはタイミングによって色々な狙いというものがありますから、自分の中で「こういうことを大事にしています」ということがあれば、それを大事にして繰り上げ返済をするのが一番いいと思います。

一番よくあるのは最後の最後に繰り上げ返済をするというパターンでしょう。最初は月々支払をしておいて貯金をためておき「これくらいなら貯金で返済できるな」という額になれば、それらをすべて開放する形で支払いをすることで、完済させるという方法です。この方法は一気に最後、スッキリと返済できるという点ではもう一度借入を使う気がない人にはいい方法でしょう。

利息を減らしたいという人にとってはこのような返済方法ではなく、先に持っている金額で余裕がある分だけを返済するという方法があります。この方法で行けば、毎回計算される元金を減らすことになるので金利を支払う額を減らすことになります。そうなれば、全額返済がやりやすくなりますし、得をしたいという人にとって見ればこの方法がいいでしょう。

後はコツコツ余裕が有る時に返済をするという方法です。いつもは固定の返済をしておいて、臨時収入などがあるときにだけ返済をするという方法です。この方法は貯金をしたりする必要もないので、自分のペースで行うことが出来る便利なものになっています。これが最も無理の無い方法だといえるでしょう。

無理なく返済をしていくか、利息を少しでも減らしたいと思っているか、それとも最後にスッキリ支払ってしまうか、どういう方法がいいかは人によって違います。自分にぴったりな方法でカードローンの繰り上げ返済をしてしまいましょう。

カードローンは、繰り上げ返済が使いこなすコツです

カードローンはその利用が、コンビニのATMで自由にできるという利便性のよさで人気を集めています。しかし、同時に弁済も自由にできるのです。この事は、同時にカードローンの使いこなしのコツでもあります。

カードローンの繰り上げ返済は、利用残高を減らして利用枠を広げるだけではなく、利息の金額も減らします。利息計算の方法は日割り計算ですから、1日でも早く、かつ1万円でも多く返すことが大切なのです。毎月の約定日に返しているから大丈夫だと言われがちですが、約定日に返している金額には利息が含まれていますから、思ったような金額だけ債務残高は減っていないのです。

これに対し、繰り上げをして返した金額には利息が含まれていないので、返した金額だけ債務残高は確実に減ります。そのため、繰り上げて返すことが使い方のコツと言われているのです。とはいえ、そのような余裕資金はないという人は少なくありません。しかし、使うのも返すのもコンビニのATMで自由にできるという特徴を使いこなせば、隠れた余裕資金を使って利息を減らす事が可能になります。

カードローンの申し込みの際には、何らかの収入がある人しか契約できないので、給与であれ売上であれ、1か月に一度は入金があるはずです。そして、その入金額はすぐには支払いが迫っておらず、普通預金残高として滞留しているはずです。この滞留しているお金を利用すればいいのです。

しかし、クレジットカードなどの支払日にどうすればいいのかという問題があります。その際は、コンビニでキャッシングすればいいのです。つまり、給料日等に預金残高を全額引き出してカードローンを返すのです。そして、支払日の朝に支払額だけキャッシングして再度銀行口座に入金すればいいのです。こうすることで、10日間程度であっても給料の金額に対する利息が軽減されるのです。

普通預金に残高があっても利息の金額はほんのわずかです。しかし、カードローンを返せば、その何倍もの利息が減額されるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※借入過多でも諦めないで※スピード融資が得意な厳選金融紹介! All Rights Reserved.